2021/6/11 アフィリエイトについて

ぎばーノート~ギバー(Giver)という生き方の記録

本日6月11日は、いいお日柄のようである。本質的なことを知らないまま、表面的にこだわるのは、あまりよいことではないと思いつつ、3ヶ月弱産みの苦しみであった、この「ぎばーブログ」を公開するのであれば、それなりにいい日を選びたいと思った。

6月11日は、赤口、十二直が成、二十八宿が牛である。後者2つは文句なくよさそうだ。
一方で、赤口は、六曜の中で仏滅についで凶日とされている日という解説が多かった。ただし、11時から13時だけは吉とされていると、もれなく書かれている。

そこで、11時から13時の間に、nonindex(WordPress上、検索サイトに載らない設定にすること)を外し、Facebookのビジネスアカウント「ぎばー」を公開し、同時に、Twitterの「ぎばー」アカウントに、「本」の紹介文を8作品ほど立て続けにツイートした。(これで一応公開したことになる。)

さて、13時を過ぎてからは、課題となっていたマネタイズの有力な1つの方法である「アフィリエイト」についての知識を入れるため、昨年末に買っていた「10年稼ぎを続けるブログを創るアフィリエイト成功の仕組み」河合大志・染谷昌利著を読み進めた。

自分は、ASPが間に入って差配をしてくれることすら知らなかった。逆に言えば、ASPに登録しなければ、アフィリエイト広告収入は入らないのである。また、成功報酬なので、対象商品の単価が収益に直結することも、ようやく理解できた。

当面は、アフィリエイトもアドセンスも気にしないで進めようと思った。つまり、ブログ自身からの収入は期待できないと割り切ることにしたのである。収益に走ると、当初のコンセプトが大きく崩れてしてまうからである。これは、「好きなことだけをやる」という根幹が、ブレてしまうことになりかねない。

ただし、放棄したという訳ではないので、記事がある程度たまった時点でASPへの登録はチャレンジしたい。また、アフィリエイトですごい金額を稼いでいるサイトの何がすごいのか、参考にしていきたいと思っている。
上記の本にたびたび引用されているヒトデさんのヒトデブログは、「最高158万PV/月。今は会社員時代の10倍くらいブログで稼いでます。」と書かれている。その内容は、「ブログの作り方」「収益化」「(ブログ)ノウハウ」などが余すことなく書かれていて、何かの商品に誘導している訳ではない。現在ヒトデさんは、「今日はヒトデ祭りだぞ!」や「最高の一品」などのサイトも運営しているので、どのサイトでいくら稼いでいるのか分からないが、「ジャンルは一貫して『自分が興味あること』『自分が好きな事』で決めています」という。自分と同じコンセプトだから、自分もそこを目指して研鑽を積んでいきたい。