お金の研究

ビスケット・コメント/Biscuit Comments

2023年2月6日

お金の研究

歴史上の出来事や、今起きていることを「お金」の面から明らかにすることを、ライフワークとして取り組んでほしいと、友人から言われた。

早速、三橋貴明氏のブックレットを読んでみた。興味深かったのは、政府の負債イコール国民の資産であるという話。
突き詰めていくと、日銀が刷るお金(発行銀行券)は、その時点で日銀の負債となる。

この負債性の感覚を理解するのはなかなか難しい。

友人が私にライフワークを提案したのは私が会計士だからである。複式簿記という仕組みからお金というものを考察するのは面白そうだ。

February 6th, 2023. Monday.

Study about money

I was told by my friend that I should clarify the reason why historical events and/or current situations happened from the viewpoint of money as my life work.

I read the booklet by Takaaki Mitsuhashi right away. It was interesting that government debts are equal to people’s assets.

Ultimately, the money generated by the Bank of Japan (Banknotes) becomes the debt of the Bank of Japan immediately.

It is quite hard to understand this sense of liability.

The reason why my friend suggested my life work above is that I am a certified public accountant. It seems interesting to consider money from the standpoint of a double-account system.