料理から思う事

ビスケット・コメント/Biscuit Comments

2023年3月25日

料理から思う事

昨年7月の終わりから料理を作っている。レシピがないと作れないし、魚はさばけないので、ほとんど調理しない。

それでも半年以上続けていると、わずかながらに勘というか感覚が身についてくる。レシピ外の食材を使ってもそれなりに美味しいものを作れるようになってきた。これは、レシピ通りに美味しいものを作ること以上にうれしいことである。

何事も継続すること、反復練習すること、累積的に量を増やすことだなと思う。

過去のわずかな成功体験を、振り返ってみると、量の確保なしに上手くいったものは何一つない。方法論や効率化も大切だが、その根底に量が確保されていないと、方法論や効率化にほとんど意味はない。

March 25th, 2023. Saturday.

A thought derived from cooking

Since the end of July last year, I have been cooking. I can’t cook without recipes, and I don’t cook fish because I can’t clean it.

However, continuing to cook for more than 6 months, I can get an instinct for cooking slightly.

Even if I use ingredients apart from the recipe, I have been able to cook good tasty dishes. That is happier than when I cook delicious food following a recipe.

I assure you that continuity, repeated practice, and accumulated quantity should be important for everything.

Looking back on limited successful experiences, I had nothing to succeed in without keeping sufficient quantities. Although some methodology or efficiency is also important, those have no meaning unless we keep a certain amount of practice.